忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/08/22 12:41 】 |
ドイツショックかな

インヴァスト証券にはシステムトレードが簡単にできるシストレ24があります。
外為どっとコムはいろいろ一番ですが、以前行政処分されました
ついでにバイナリーオプション業者にはイスラエルの24optionがあります。

ふぅ、、さてと、本日のとれーどはアナリスト:美智子を検分してみました。
美智子によると、NZDUSDはラインをブレイクした場合に大きく動き出すらしい。さてどうするか。

きょう、NY時間の0時、相場がギリシャショックの後遺症によるリスク回避によってラインをブレイクした場合に大きく動き出すことになりそうだ。さて、これを踏まえてきょうのとれーどを検分みた。

上記の検分を参考にして、NZDUSDを狙ってとれーどしてみました。

ポンドドルのとれーどは美智子を参考にしたことで7連敗中、ついでの取引でのNZDUSDは4勝3敗、トータル損益結果はそんなところですね。あまり望んでも仕方ないし

豪ドルは○○ショックで暴落することが多いのはいつものこと。逆に相場環境がよくなれば暴騰だってします。FXのアノマリーについて。5月はSell in may といい株が下げる時期なのです。実際日本のGWにも株は大幅に下がっていることが多いです。

PR
【2012/11/17 01:32 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
今週は相場観とFXとりひき戦略

今日の相場はイタリアショックによる相場の激変で模索しています。

ちょっくらFX業者についての説明を。
インヴァスト証券はFXやCFDなどひろくサービスがある証券会社です。
サイバーエージェントFXはMT4を導入しています。

なんとなく、さてと、本日のとりひきはアナリスト:トレーダーZEROを攻究している。
トレーダーZEROによると、キウイドルはラインをブレイクした場合に大きく動き出すらしい・・・

今日なんとなく、相場がイタリアショックによる相場の激変によってトレンドに乗ってすこしずつ上場することになりそうだ。さて、これを踏まえて今日のとりひきを模索してみた。

上記の攻究を参考にして、キウイドルを狙ってとりひきしてみました。

豪ドル円のとりひきはトレーダーZEROを参考にしたことで嫌だ11連敗中、ついでの取引でのNZ円は2勝11敗、トータル損益結果はまぁこんなもんかな




【2012/02/21 03:31 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
新卒切り5
■同期40人全員が退職

 09年4月に、従業員200人規模のIT関連企業に入社した。採用予定は30人と聞いていたが、同期は40人。1カ月の試用期間が終わる5月初めに、「不景気で業績が悪く、自宅待機にせざるを得ない」と言い渡された。
 1年に及んだ自宅待機の間、毎月の給与は手取りで6万~7万円。家賃と光熱費を支払うのが精一杯で、生活はアルバイトで賄った。今年4月に人事部長と面談し、「相変わらず仕事が取れず、人件費を見直す必要がある。会社都合の退職にしてもらえないか」といわれた。結局、同期40人全員が退職した。
 彼に取材したのは、教育研修・人材紹介会社ジェイックが、短期間で離職した新卒者向けに開いている「営業カレッジ」に参加し、企業の合同面接会を終えた直後だった。
 今度はもっと慎重に、長く働き続けられる会社を見つけたい、と前向きだ。男性に限らず取材した3人に共通するのは、入社した会社の選考が、いずれも非常に簡単だったということだ。この男性は言った。
「早く仕事の場で活躍したい。安定して働ける場所がないと、人生が面白くないですから」
【2010/07/05 22:17 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
新卒切り4
■実態は「解雇」なのに

 法律上は、内定者も試用期間中の新卒社員も「労働契約下にある労働者」とみなされ、「合理的でない理由や社会通念上相当ではない理由による解雇は無効」(労働契約法第十六条)とされている。しかし、この法律には罰則がない。「内定切り」なら厚労省職業安定局若年者雇用対策室に相談窓口があるが、「新卒切り」については「あくまで労使で誠実に話し合いをつくしていただきたい」(厚労省労働基準局)と話すのみだ。
 裁判で「解雇無効」を求めることもできるが、冒頭の女性のように、実態は「解雇」なのに書類上は「自己都合退職」となれば、それも難しい。
 実際、解雇の撤回を求めて訴訟を起こした男性(25)に会った。九州の私立大学で土木工学を学んだ。07年11月に地盤改良に実績を持つ土木関連企業の求人を見つけ、履歴書を送って電話するとすぐに面接に来るよう言われた。九州支社で面接と簡単な筆記試験を受け、08年1月には東京本社で役員面接。2週間後には、内定に至った。
 08年4月、技術職の同期8人とともに大阪本社に入社。半年間は見習社員だと言い渡され、最初の1週間は座学、翌週からは工場内で機械操作実習に参加した。7月半ばには同期のほとんどが正式に配属されたが、男性ともう一人は研修の継続を言い渡された。後にこの2人が会社を去ることになる。
【2010/07/05 22:17 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
新卒切り3
■「内定切り」より痛手

 いまも毎日、夢に上司が出てくる。自分の叫ぶ声で目が覚めることもある。やっと、資格取得の勉強を始めたところだ。彼女はうつむきながら言った。
「早く働かないと路頭に迷いますから」
 新卒で入社した社員が、試用期間中に解雇や退職に追い込まれるのが「新卒切り」だ。
 2008年秋のリーマン・ショック後、企業が09年4月入社予定の大学生の内定を取り消す事態が相次いだ。これが「内定切り」と言われて社会問題化し、厚生労働省は09年3月と4月に、悪質なケースと判断した15社を公表した。厚労省によればその結果、10年4月入社予定者の「内定切り」は減少、今年は企業名の公表もされなかった。
 NPO法人労働相談センターの須田光照さんは、企業が「内定切り」を「新卒切り」に切り替えた面もあると見ている。今年4月から6月半ばまでに、30件を超える「新卒切り」の電話相談を受けた。杜撰な採用計画の修正が目的の企業にとっては、「内定切り」も「新卒切り」も同じことなのだ。
 しかし、学生にとっては「新卒切り」のほうがダメージが大きい。日本企業ではまだ「新卒一括」が採用の基本だからだ。「新卒切り」されてしまえば、履歴書に「短期間での離職」という「傷」を持ちつつ、既卒者として転職市場で勝負することになる。複数の私立大学が「内定切り」にあった学生のために、授業料を減免した上で在籍を認める就職留年制度を設けたのは、「新卒」の肩書を失わせないためだ。
【2010/07/05 22:17 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ>>